沖縄県南城市大城(旧真境名)の外壁塗装・防水工事専門 沖縄寿サービスです。建物の塗り替え、雨漏り対策・補修、ヒビ割れ・爆裂などのコンクリート修繕など住まいのことならお気軽に。

遮熱・断熱・防水工事

  • HOME »
  • 遮熱・断熱・防水工事

建築物における防水とは、降雨水や生活用水などを遮断し、漏水を防ぐことを目的としています。建物外部の水が室内に侵入するには、「水が存在すること」「水が通過する隙間があること」「水を移動させる力が働くこと」の3つの条件があり、いずれか1つを除くことにより、水の侵入を防ぐことが出来ます。防水工事ではこのうち隙間・移動力を防ぎます。防水は形状により大きく分けて、面状のメンブレン防水と線状のシーリング防水とに分けられます。

防水改修工事は防水工事単体で行う場合や、コンクリート補修工事などと併せて行う場合など、様々なケースがあります。
「どこに相談すれば?」と悩んだら、ぜひ沖縄寿サービスにご連絡を。大きな工事はもちろん、雨漏りやその他 建物の悩み全般お気軽に相談して下さい。

屋上遮熱防水工事の流れ

①施工前 水溜り状況。

②高圧水洗浄で汚れをおとします。

③2,3回にわけて不陸調整します。

④小さい穴や、ひび割れなどコンクリートの 下地調整します。(A-1プライマー)

⑤ウレタンプライマー塗布。

⑥ウレタン塗膜防水材塗布。

近年塗り替え工事の際には、何かと話題に上がる遮熱・断熱塗料。節電塗料・省エネ塗料・エコ塗料と呼ばれるものもありますが、それらの塗料もほぼこの遮熱・断熱塗料と同様と考えて差し支えないでしょう。 一体どのような特徴があるのか、またそれらの塗料を使用するとどのような効果が期待できるのかということを考えていきたいと思います。

まず、遮熱塗料断熱塗料という似通った言葉を聞きますが、これら2つの塗料の特徴は全く違った特徴をもっています。遮熱塗料とは、遮(さえぎる)熱(ねつ)と書きますので、その名の通り、塗料(塗膜)によって、熱を遮ることを目的とした塗料です。
一方の断熱塗料は、断(断つ)熱(ねつ)と書きますので、こちらもその名の通り、 塗料(塗膜)によって、熱を断つ(遮断する)ことを目的とした塗料です。
どのようにして熱を遮ったり断ったりするのかということになりますが、まずその前に室外・室内温度上昇はどうのようにして行われるかということから考えてみたいと思います。

室内温度上昇の原因は、外気温や太陽光によって引き起こされます。外気温もまた太陽光により上昇しますので、主たる原因は太陽光といえます。
その他の原因として、室内電化製品も、室内温度を上昇させる原因の一つではありますが、太陽光と比べますとその要因はわずかですので、今回は太陽光のみで考えてみたいと思います。

太陽の光エネルギーは、約50%が赤外線、約47%が可視光、残りの3%は紫外線から成り立ち、この中で赤外線が熱を持った性質のエネルギーです。
太陽の高度により受ける赤外線の量が増えることになります。 太陽の高度が高い夏場は、光エネルギーを受ける割合が多く(赤外線や紫外線が増加)、高度が低い冬場は光エネルギーを受ける割合が少ない(赤外線や紫外線が減少)といったこととなります。

従いまして、赤外線量が増える夏場は温度が上昇し、反対に赤外線量が減る冬場は温度が低下することになります。

上記において、熱の原因は赤外線ということがわかりました。
それならば、その熱エネルギーの影響を受けなければ、温度上昇は緩和されるということですので、その熱エネルギーを遮ることが出来る塗料が遮熱塗料というものになります。正確には遮熱塗料は、熱を遮るというよりも、熱エネルギーの赤外線をある程度反射することにより、直接的な熱エネルギーの影響をあまり受けないようにすることが出来る塗料となっています。

(日本ペイント ホームページより) 日射反射率とは、太陽の光エネルギーをどれぐらい反射するかを表す指標のこと。この数値が大きいほど、遮熱性能が高いことを意味しています。比較図(上の図1)からもわかるとおり、遮熱塗料はより多くの赤外線を反射するため、その分の熱エネルギーの吸収を抑えることができ、室内の温度上昇を抑える効果が期待できると実証されています。

遮熱塗料が熱の原因となる赤外線を反射することにより、表面に受ける赤外線量を減少させ、表面温度の上昇を妨げることが目的の塗料であるのに対し、一方の断熱塗料は、そのような遮熱塗料が持っている特徴は無く、熱を断つ(遮断する)ことが出来る特徴を持った塗料です。

塗膜表面の温度は時間が経過するにつれ、内部に進行していきます(熱の伝導)。
この進行する熱(伝導熱)を、遮断することが出来る塗料が断熱塗料です。
通常の塗料(塗膜)の場合では、すぐに熱が内部に伝わってしまうことになりますが、この断熱塗料の場合は、ある程度、熱が内部に伝わる時間を遅らせることが出来る事となり、内部の温度上昇に対する時間を抑え、結果的に内部の温度上昇を抑えることが出来ます。

ただし、塗料の場合の断熱という意味合いは、一般的な断熱材での考え方とは異なる側面があります。 通常の断熱材は熱エネルギーが通過しにくい素材をその素材の厚みによって、進行する時間を遅くします。
従いまして、グラスウール(熱エネルギーが通過しにくい素材)を50mmの厚さで設置することで断熱性能を持たせたり、また、厚みを50mmから100mmに変更したりしてその性能を高めたりします。

一方、断熱塗料の場合は、熱エネルギーが通過しにくい素材の塗料で塗装を行ったとしても、必要となる厚みが十分に取ることが出来ません。 塗膜自体の厚みは通常50μ程度。
仮に厚みがあったとしても1~2mm程度しかありませんので、通常の断熱材と比べますと、全く比較にならないほど薄いものです。

断熱性能だけ比べるとするならば、一般的な断熱材のほうがはるかに性能は良いといえます。
従いまして、塗料の場合は断熱塗料のみで使用するとそれほど断熱性能は上がりませんので、ほとんどの場合、遮熱塗料と組み合わせて使用することが多いようです。
遮熱塗料によって、表面の温度上昇を食い止め、その表面温度の内部への進行を断熱塗料によってある程度防ぐことが一般な断熱塗料の使い方になります。
塗料によっては、内部に進行している熱エネルギーを、塗膜内部の素材により熱エネルギーの反射作用を働かせて、さらに進行を遅らせている塗料などもあります。
遮熱塗料の製品の豊富さに比べますと、断熱塗料で上市されている塗料の数は非常に少ないです。

遮熱塗料・断熱塗料どちらも、室内温度の上昇を防ぐ目的で使用されますが、ここで一番重要なことは、どのような構造の建物でも一定して同じ効果は得られないということです。
建物の用途や形状により、既存の断熱設備がどれくらいあるかによって全く違った結果になります。
一番効果が出やすいと言われている建物は倉庫や工場(例外もあり)になりまして、これらの建物の場合は、ほとんど断熱材などの断熱層がない場合が非常に多いため、比較的一番効果が出やすく、また、節電効果も期待出来ると言われております。

那覇市 瓦屋根防水

施工前

施工後

那覇市 店舗屋上 防水

施工前


施工中

施工後

与那原町 屋上防水工事

施工前

施工中

施工後

那覇市屋上防水工事

施工前

施工後

那覇市 屋根塗り替え工事

南風原町アパート防水工事

那覇市新築屋上防水工事

那覇市トタン屋根遮熱防水工事

トタン屋根防水工事

豊見城市 Rマンション 屋上遮熱防水工事

那覇市田原 遮熱防水工事

那覇市田原 屋上遮熱防水工事

那覇市小禄 メゾンT 屋上遮熱防水工事

宜野湾市 遮熱防水工事

那覇市久茂地 屋上遮熱防水工事

那覇市久茂地 外壁防水塗装工事状況

 

那覇市牧志 屋上遮熱断熱防水工事状況

Tアパート 外壁防水塗装工事状況

お気軽にお問い合わせください。 TEL 098-946-0844 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

Information

会社名 寿サービス
住所 南城市大里字大城 2392-3
 098-946-0844
 098-945-2344

・建物塗装工事全般
(新築・塗り替え)
・防水工事全般
(防水・遮熱・断熱工事)
・建物修繕工事
(雨漏り対策工事・コンクリート修繕工事)
・総合リフォーム
雨漏りのことなら防水のプロへ

沖縄本島内全域対応!
[沖縄県南部]
那覇市・豊見城市・糸満市・南城市・南風原町・与那原町・八重瀬町
[沖縄県中部]
浦添市・宜野湾市・うるま市・沖縄市・北谷町・中城村・北中城村・嘉手納町・読谷村
[沖縄県北部]
名護市・金武町・恩納村・宜野座村・本部町・今帰仁村・大宜味村・国頭村

アクセス

南城市大里字大城 2392-3

PAGETOP
Copyright © 寿サービス All Rights Reserved.
Powered by HiyokoWeb & Dream145